もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ、2005年上半期 もっとも注目されている話題というニュース

<<   作成日時 : 2005/08/14 10:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 9

Asahi.comによると、ブログが上半期の話題・注目商品の第1位だったそうです。
昨年一年通しては31位だったのでずいぶん伸びたようです。

総務省によると、あと2年ぐらいでブログを読む人は日本にいる人の4人に1人以上は
ブログを読むようになると予想しているらしいので、まさにブームになって、定着しつつある
というところでしょうか。
                    2005年3月末時点 2007年3月末見込み    
国内ブログを持っている人     延べ約335万人 約782万人
うち月に1度は更新している人       約95万人 約296万人
ブログ閲覧者数              約1,651万人 約3,455万人 平成17年5月17日総務省

先日、社会科見学シリーズの一環でニューヨークサン(New York Sun)という5万部程度の新聞のコラムニストに会う機会がありました。

その方が「(アカデミアの人が書くのは、ずっと残って価値があるけど)
僕たちマスコミが書くものはfish wrap(魚を包む紙)だから
(どんどん書いて読んで消費されるより価値の薄いもの)」というようなことを
話していたのが印象に残りました。Fish wrapって、そんなぁ。

彼はものすごくいろいろなことを調べて書いているようなのですが、
そんな彼が謙遜して言っていたとはいえ、彼のがfish wrapなら
自分のブログはどうなるのかと思ってしまいました。

もう一つ彼が言っていて習った英語は
「disintermediation of media」です。
メディアが発信者と受信者の中間に経って「メディア(媒体)」であったのが、
中間がなくなって直接受信者も発信者になれるしというような
ブログやポッドキャスト時代のお話のようでした。

しかし、ブログが広まってdisintermediation of mediaが進行しても、
ブログの相互的な「共感性」ゆえに、
それぞれの個人が書いていることは、fish wrapとは言い切れない
と思いなおしています。

人気blogランキングに登録中。クリック有難うございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
BLOGは何でもありが発展するキーワードである。
ヒロシさんのBLOG で凄いですね。BLOGって 筑紫さんが言ってましたけど「BLOGをチェックしないと世論が判らない傾向が出てきた」だそうです。ようするにニュースは正確さを要求されますが、BLOGは個人の思想が入っていますから、民衆を扇動できるわけですね しかし、今後は玉石混合の社会派BLOGですから、社会派BLOGは淘汰されていくでしょうね これは商業系BLOGにも当てはまります。質が問われるでしょうね。 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2005/08/14 12:36
「ブログ、2005年上半期で最も注目のニュース」
ヒロシさんの「ブログ、2005年上半期    もっとも注目されている話題…」を読んで、なんですが。 ブログって面白いよ。 ということを、周囲の人に言ってみても、 どうしても「やったことのない人」にはなかなか 面白みが伝わらないですねぇ。 「接したこともない人」は単なる拒絶反応しか返ってきませんし。 やっぱり「すると見るとじゃ大違い。」 それがブログってものだなー、と思うわけです。 ...続きを見る
シーラカンス日記
2005/08/15 22:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
よーくわかりますよ
僕も最近 新聞読んでからBLOGをチェックしていろんな情報を入れたいですからね
僕のBLOGで万田久子について書いたんですけど、不倫相手の娘の同級生の書き込みがあったりして、リアルなんですよ。書き手だけの一方的な情報じゃないところがBLOGの魅力ですね
ですから たまに専門家が集まると「バトル」になる場合もある(ライブドアの時)
今後は、BLOGはだんだん質によって淘汰されていくと思います
2チャンネルみたいなイメージです
エイジ
2005/08/14 11:30
>エイジさん
万田久子の記事のころはまだブログ病が発症してなかったので、知りませんでした。リアルですねぇ。質による淘汰、確かに。バトルはみてないなぁ。2チャンネルは掲示板なのにチャット状態になるのが読みにくいなあと思っていたんですが、ブログのほうが長いのが書けるし、どのことに対して誰がコメントしているか分かりやすいので、フォローしやすいでしょうね。
ヒロシ
2005/08/14 20:37
みんながブログに夢中なんですねー。
ブログの魅力はやっぱり、書き手と読み手のコミュニケーションにある!と思います。自分が言った事に反応があるのは嬉しいし、人の話を聞いてそれに反応できるのも楽しい!バーチャルでありながら、ある意味とてもリアルであると思う。

だからブログはやめられません〜。
るり
2005/08/15 11:20
ブログは時空間を越えていろいろな人とコミュニケーションできるからやめられませんね。でもブロガーのほとんどは2,30代というから中高年者の中にはついていけない人も多いらしく、ますます情報の格差が広がっていきそうです。私もついていくのがやっとなんですけどね…(汗^^;)
ぶー
2005/08/16 05:54
>るりさん
ブログ病リーダーのコメントしかと受け止めます。反応があるのはもちろん嬉しいのですが、一方で自分は読みに行くだけっていうブログもありませんか?直接コメントするのはなんとなくはばかれるが、読み進めるのは楽しいというような。それもブログの魅力の一つでしょうか。
>ぶーさん
中高年の人は、どちらかに分かれるようですね。全然の人もいれば、孫の様子をみたいから息子・娘のブログを見るのをたのしみにしているというひともいるみたいですし、ウェブリブログのテーマに「50代以上のブログ」ってのがありますよ。http://webryblog.biglobe.ne.jp/c/0/c040785bef.htmlここです。それにどこかで、寝たきりになっても続けられるからいいって言っている人がいました。たしかに天気が悪くても、足が痛くても、時差があっても、他の人とのお付き合いができるというのは何らかの大なり小なりの障壁を抱えた人にとって大きな役割を担えると思います。
ヒロシ
2005/08/16 10:41
今朝ほどは、わたしのブログにTBをしていただき、ありがとうございました。
またこのコメント欄↑で「50代以上のblog」を、宣伝いただき有難うございます。
同年代の気楽さから、皆様それぞれが様々な個性で、サークルのようなノリでblogを楽しんでおられますよ。
1年前始めた当初は、新着記事を上からスクロールしてなにか面白いものはないかと探したものですが、最近は新規開拓することがめっきりなくなりました。
それだけに、今日のように突然に見ず知らずの方からTBがあると、また新たな世界が目の前に開けたような弾んだ気がするものです。ありがとうございました。
レイコサウルス
2005/08/16 15:58
へえ、そうなんですか!「50代以上のブログ」ですか。知りませんでした。
じゃあ、同じ年代の人達と楽しくコミュニケーションできますね。同年代だと安心感もあるし。またいろいろ教えてくださいね。
>レイコサウルスさん、私の母の名前がレイコなので親しみを感じます。
 私はヒロシさんのブログはどちらかというとロム専のほうですが、たまに登場 しますので宜しくお願いします!
ぶー
2005/08/16 16:54
もちろん同年代だと共感しやすいと思います。でも、「共感」は顔が見えないぶん
ふだんは会わないような幅広い年齢層の方とも、自然にお話して共感することもあるというのがブログの魅力の一つかなとも思いますね。私は日本語教師として日本人について教室ではなすときに、「日本人はこの問題についてこう思う」と簡単にひとことで言わずに、ブログで知りえたいろいろな世代、立場の人の感じていることも含めてより深みのある見方ができるのではないかと思っています。
ヒロシ
2005/08/16 22:42
>レイコサウルスさん
というわけで50代以上の方の意識、見方、薀蓄、これからもいろいろ勉強させていただきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。

>ぶーさん、
ロム専でも嬉しいです。いつも読んでくださり有難うございます。これからもよろしくお願いしますね。
ヒロシ
2005/08/16 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログ、2005年上半期 もっとも注目されている話題というニュース もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる