もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 日系人のルームメイト その1

<<   作成日時 : 2005/07/10 12:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

日系人といっても、日本に来ている南米からの日系人の話ではなくて、
アメリカの日系アメリカ人の話です。

以前、日系人のルームメイトと住んでいたことがある。
仮に名前をクリスとしよう。

私がアトランタに引っ越すのに、住むところを探しているときに
偶然クリスもルームメイトを探していて見つけたのだ。

実はルームメイトと住むのは初めてで、どうなるものかと思った。
英語の表現で「roommate from hell」という言い方がある。
文字通りには「地獄から来たルームメイト」だが、
まあ、「最悪のルームメイト」というところだろう。
友達から、いろいろ恐ろしい話も聞いていたので
不安もあったが、取り越し苦労だった。

クリスとのシェアは、なかなか快適だったし
日系人のクリスと住んで、いろいろと発見することもあった。

ところが、還暦を過ぎた私の母は「ルームメイト」という
コンセプトが受け入れがたく、知らぬ間に
息子が「同棲」しているのではないかと誤解して、
それを解くのが大変だった。

日本に一時帰国したときに、
母「それで、その一緒に住んでいるって、どうなの?」
私「なにが?別に問題ないけど」
母「トイレやお風呂は一緒なの?」
私「いや、部屋ごとにあるよ」
母「あ、そう。」

母は
「でも、あんた何か隠してんじゃないの?」という納得いかない顔をして、
また少しすると、同じ質問したりしてきた。
どうにも不安だったらしい。

確かに私が何度も説明しようとした
間取りの物件は日本にはほとんどないだろう。

私がシェアしていたアパートは2ベッドルーム2バスというやつで、
リビング、キッチンを共有して、ベッドルームとバスルーム
(日本で言うトイレとお風呂ですね)はそれぞれ別々なのであった。

2000年当時500ドルも払っていなかったから、
ニューヨークに比べるととても安くて、大学院を出て初めての
仕事についたばかりの私には都合がよかった。

そんなある日、私の予想を裏切る事実が発覚した。

クリスのお父さんも、娘の新しいルームメイト
が男であることを快く思っていなかったのだ。

(続く。。。)

人気blogランキングに登録しています。クリックよろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日系人のルームメイト その2
前回は、日系人のルームメイト、クリスと暮らし始めたという話でした。 その続き。 ...続きを見る
もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語...
2005/07/11 11:02
日系人のルームメイト その4
その1、その2、その3の続き。 ...続きを見る
もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語...
2005/08/05 10:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
げ!
ルームメイトが異性なんですか!
うーむ
私には自信がありません
展開が楽しみです
エイジ
2005/07/11 01:39
「ルームメイト」というと、「一つの部屋を一緒に使う」っていう響きのような気がしませんか?
オーストラリアでは(オーストラリア全体なのかどうかは知りませんが、私がいたところでは)「ハウスメイト」という呼び方をしていました。
残念ながら(!)私のハウスメイトは皆女性でしたが。。
うー
2005/07/11 01:46
>エイジさん、ご安心を。異性ていうより、同じ文化背景をもつ同類という意識がありました。
>うーさん、ハウスメイトというと、やっぱり「アパート」よりも「家」をシェアしている場合に使うような気がします。でも確かに「一つの部屋を一緒に使う」ってのもありますね。大学1年生の寮なんかそうですね。勉強するのに電気をつけていると、もう一人が寝られないとか、私には耐え難い世界ですねぇ。。。
ヒロシ
2005/07/11 11:08
うーむ、エイジさんと同様ワタシも「げ!」って感じですね。
これは実際にやってみないと実感わかないんでしょうねー。
でも同性でも一緒にシェアするのは性格合わないと難しい気がします…。
海外旅行を友人とすると、友情壊れそうな気がしません?
シーラカンス
2005/07/11 21:29
こんち〜。とうとう遊びに来ました。
そうですよ!私アメリカ長いですけど、異性のルームメイトは「ゲっ!まじかよあんた」です。本当に。未だに信じられませんよ、全く。

それから、ルームメイトになったばっかりに友情壊れたって話よく聞きます(→シーラカンスさん)。ってか私も経験あります。他人の生活があれこれ見えちゃうっていうのは結構きついモンあったりします!
るり
2005/07/11 23:35
みなさんに不評な異性ルームメイト問題ですが、実は私もよくわかりません。他に異性のルームメイトがいる人の話はあまりしりません。でも結構、相手の彼氏・彼女が入り浸って、家にいずらくなって、自分は外出しがちになるらしいというのは人づてに聞いたことがあります。クリスの場合、友達がたまに来るくらいでした。伝染病の研究者だったので、よくラボに行ったりして家にいなかったし、いても静かな人だったので、都合がよかったです。
ヒロシ
2005/07/13 00:34
<異性のルームメイト>と聞いて、柳沢きみおのマンガ「翔んだカップル」を思い出しました。映画化もされましたが、薬師丸ひろ子主演の佳作でしたね。(遠い目)若い人にはわからない話でした。失礼。
asianimprov
2005/07/14 15:39
>asianimprovさん、「翔んだカップル」見たと思いますが、あまり覚えていません。。。それよりも「野生の証明」と「セーラー服と機関銃」のほうがインパクトが強かったですね。
ヒロシ
2005/07/14 20:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
日系人のルームメイト その1 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる