もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 「外国人犯罪」という言葉が偏見を生む危険性

<<   作成日時 : 2005/07/07 15:45   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

外国人犯罪というものが増えているにしても、外国人すべてを
安易に一つのグループにくくり、彼らを日本人以上に
犯罪を起こす確率が高い人間のように言うのは
避けるべきだと思います。

隣人宅に泥棒が入り、その隣人がその後で「外国人に違いない」と言ったという話が
日本語教師は三匹の子ブタのブーさんの記事にありました。
そのことについてトラックバックいたします。


私の住むニューヨークは人口の4割は外国生まれという外国人だらけの町です。
そういう私も外国人です。
外国人ですが、あまり普段はそれを意識しなくてもいいです。
それは、なんてすばらしいことかと思っています。

昔、中西部の田舎の中都市に住んでいた頃は、毎日のように
「外国人であること」「マイノリティーであること」をひしひしと感じていました。

人種差別ってほどじゃありません。でも、ふとしたことがストレスになるんです。

レジのおばちゃんの緊張した顔のこわばり具合とか、
「あー、すんません。私、アジア人なんですよ。緊張しますか?」って思いつつ
自分にとってもストレスになっていたように思います。
実は、この小さいストレスの蓄積ってのは、くせものですね。

だんだん慣れましたが、そのあと南部のやや大都市へ行って、
「おー、楽ちん。今まで我慢していたんだな」と気がついたのです。


さて、ニューヨークに話を戻します。
ここでは、犯罪があっても「犯人は外国人だろう」という発想はありません。
「犯罪が増えて困るから外国人を追い出そう」ということもありません。
そんなことをしたら、町がなくなってしまいます。
実際に犯人がNYに住んでいれば、犯人が外国人である可能性は4割ですが、
外国人かどうかはあまり重要でないように思います。
それよりも、ある特定の人種やエスニックグループとの連想が強いかもしれません。


一方、当たり前ですが、日本はとても日本人が多い国です。

しかし、、日本に住む外国人は増加しています。
法務省によると、平成16年(2004年)末の外国人登録者数は197万人でした。
総人口(約1億2千8百万人)の1.55%だそうです。
百人に一人以上は外国人なわけです。

その国籍の内訳は、韓国・朝鮮が30.8%割、中国が24.7%、ブラジル14.5%、フィリピン10.1%、
ペルー2.8%、アメリカ2.5%だそうです。

在留資格・在留目的としては、永住者がが39.4%、非永住者が60.6%。
非永住者の内訳として、日本人の配偶者等が13%、定住者12.7%、留学6.6%、家族滞在4.2%、興行3.3%、研修2.8%などです。

中曽根さんの留学生10万人計画によってか、留学生はほぼ13万ににも達しています。

これらは、日本に住んでいる在日外国人ですが、一時滞在している人は、
在日外国人と区別して、来日外国人というそうです。


いずれにしても、外国人が増えると、増えるのはまず「不安」でしょう。

私が考える大きな理由は、お互いに関係しあっていますが、3つあります。

まず、日本がもともと外国人の少ない国だからです。
均一性の高い集団に異質な存在が入ることが
不安につながるのはもっともなことです。

これは日本に限ったことではありません。どこへ行ってもそうでしょう。
「よそ者」を疎むのは、ある程度は人間の習性だと思います。


二つ目は、日本の社会全体が少子高齢化による先行き不安、
パラサイトシングル、NEETの出現、犯罪の低年齢化、
経済の低迷などで潜在的にみんな不安を抱えています。
そこへ更に外国人が入ってくることで不安が増えます。


三つ目は、日本人が外国人についてその国の言葉や文化習慣を
よく知らないことです。「知らない」ということを知っているからこそ
不安になるのでしょう。

しかし、実際に増えるのは「不安」だけじゃありません。
本当に外国人による犯罪も増えるでしょう。

人がいて、犯罪が起きる。
人が増えれば、犯罪も増える。

日本人が増えれば、日本人による犯罪も増える。
外国人が増えれば、外国人による犯罪も増えるでしょう。

しかし、外国人による犯罪がひとたびあると、より報道されやすいし、
目立ってしまい、そこから偏見・ステレオタイプが生まれてくると思います。


先日クレジット情報処理会社のコンピューターが
ハッカーに入られて個人情報が流失し、日本でも被害がありました。

国際化というかグローバル化が進み、人の行き来が多くなると
このような、サイバー犯罪だけでなく、従来の犯罪も
セキュリティーの弱いところで増加するのは
避けられないことなのかもしれません。

それでも日本は外国に比べてまだ比較的安全な国です。
その点、住みやすいのではないかと思います。
自転車は小さなかぎ一つで結構盗まれないし、銃による犯罪も
増えているとはいえ、アメリカの大都市ほどではないと思います。

日本のよさであった犯罪率の低さが高くなってしまうことは
残念ですが、ある程度は時代の流れとして、受け入れなくてはいけない
のかもしれません。

誤解のないように言いますが、
私は、日本に住んでいるあるいは日本に来る外国人が犯罪を
起こしてもしょうがないと言っているのではありません。
それらの犯罪が起こらないように、防止すべきです。

外国人が日本で犯罪を起こしたならば、日本人と
同じように、日本の法律に従って裁かれるべきです。

この点について、ニュースで聞く限りでは沖縄では
在日米軍兵による犯罪が超法規的措置により
日本の法律で裁かれていないような状況が
あるらしいことを残念に思います。

日米関係にとって基地がどんなに重要だろうと、
沖縄にいつまでも負担ばかりかけていていいのだろうかと
という疑問があります。


と思いつつ

こんなサイトがありました。
外国人犯罪は作られる。
ここに「外国人を警戒しよう」というメッセージが込められた各地の警察署
などの実際のポスターが集められています。

これらをアメリカに置き換えて考えると、
「アラブ系・イスラム教徒=テロリスト」という思い込みのもとに
警察の取締りや監視があることを思い起こさせます。

そして、第二次世界大戦中に、アメリカがアメリカ市民である
日系人をキャンプに収容したことにつながっていきます。

それにしても「アラブ系外国人をみたら要注意」なんて
ポスターはなんて見たことありません。あったらかなり大問題です。

さて、日本では犯罪のグローバル化だけでなく、
低年齢化も進んでいます。

単純には扱えない問題ですが、それらの子供達を育てた日本という社会に
落ち度はなかったのでしょうか。
彼らはもっとなんらかサポートを必要としていたのではないでしょうか。
そしてそれらの事件は防げたかもしれません。

どこか外国から、犯罪を起こそうという意図を持ってやってくる
外国人についてはだめですが、そうではなく留学とか
もっとまっとうな意図をもってやってきて、いつの間にか犯罪に手を染める
ことになってしまうようなケースも中にはあるのではないかと思います。

勝手に来た人にそこまでケアしてあげられないという考えもあるかも
しれませんが、本人のためにも日本社会のためにも、そんな人の
サポートができれば、防げる犯罪もあるのかなぁと思います。


それにしても日本では、最近は凶悪犯罪が解決しにくくなったり、
犯罪の低年齢化が進んだり、心が痛むことばかりですね。
将来日本に帰ることがあるとしたら、その頃日本はどうなっているのか
気がかりです。

なんだか勢いに乗ってたくさん書いてしまいました。
「外国人」な日本人としてコメントしたかったんです。

参考リンク
ウィキペディア:外国人犯罪



人気blogランキングに登録しています。クリックよろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ペルーとオタクと血統と産経新聞
広島女児殺人事件でペルー人男性が容疑者として逮捕されました。 「容疑者」の時点で名前とか来歴とかバンバン報道するマスゴミの腐れっぷりは いまさら追及する気も起きませんが、産経新聞のこの記事は見過ごせません。 「広島・小1女児殺害 日系ペルー人逮捕 不法就労、治安の盲点」で広島市の女児殺害事件は、外国人労働者の増加が犯罪の凶悪化など危険と隣り合わせになっている実態を浮かび上がらせた。欧州などでは外国人労働者の大量流入が社会問題化しており、日本でもこうした問題が深刻化することが懸念される... ...続きを見る
黒星君ブログ
2005/12/02 08:16
ペルーとオタクと血統と産経新聞
広島女児殺人事件でペルー人男性が容疑者として逮捕されました。 「容疑者」の時点で名前とか来歴とかバンバン報道するマスゴミの腐れっぷりは いまさら追及する気も起きませんが、産経新聞のこの記事は見過ごせません。 「広島・小1女児殺害 日系ペルー人逮捕 不法就労、治安の盲点」で広島市の女児殺害事件は、外国人労働者の増加が犯罪の凶悪化など危険と隣り合わせになっている実態を浮かび上がらせた。欧州などでは外国人労働者の大量流入が社会問題化しており、日本でもこうした問題が深刻化することが懸念される... ...続きを見る
黒星君ブログ
2005/12/03 21:59
ブログ1周年記念アクセスランキング
気が付けば、お陰様でブログ開設1周年を過ぎていました。 スーさんに見習ってランキングをまとめてみました。10位からして700ヒット以上行って、1位の姉歯建築士の記事にいたっては、7444ヒットも行っているスーさんのとは比べものになりません。がんばって20位から載せてみました(ってあまり関係ないですね、)。 ...続きを見る
もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語...
2006/06/28 03:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「外国人犯罪」という言葉が偏見を生む危険性 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる