もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS フランス語だけじゃない「変わった」数え方をする言語

<<   作成日時 : 2005/07/16 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

前回、石原知事の「フランス語は数を数えられない」発言について書きました。

同発言について日本語教師「ささ」さんも怒りの投稿を書いていましたが、
「ようさん」天下一ケンチクンさんからトラックバックをもらったりしました。

ケンチクンさんが
 フランス語では数字を数えるときの、「80」を「20×4」、「70」を「60+10」、
 「90」を「20×4+10」と表現する原理がいまだに謎のまま。
という疑問を出していました。

私も同様に気になったので他の言語ではどうなのか少し調べてみました。

まず、フランス語の70はちょっと違いますが、80、90は20進法にもとづいています。
20進法というのは、その名の通り20を基準に成り立っている数え方ってことですね。
(日本語では10進法。コンピューターの言語では16進法でしたか?)

20進法っていつからあるんでしょう?
ウィキペディア(日本語)によると、
「20進法の起源はマヤ文明である」と言い切っています。
しかし、マヤから、ヨーロッパに伝わったとは思えないので、一番古い記録ではということでしょうか。

そして、どうして20を単位としたかについては、
「20が単位となった要因は、手足の指の総和である点と、4と10の最小公倍数である点の2点である。」
そうですが、ほんまかいな。

10 割り切れる数 2,5
20 割り切れる数 2,4,5,10
と、20のほうが10より割り切れる数の点から都合がよかったからのようです。

英語では20進法はvigesimalというそうです。

ほかに、なにか教育コンサルタントかなにかのページを見つけました。
ちゃんと辞典などで、裏取ったわけではないですが、
そのページとウィキペディアによると、20進法は
大多数じゃないにしろ、これまでもあったし、言語によってまだ使っているようです。

古代語
 ラテン語:18を20-2、19を20-1
 ゲーリック語(Gaulish):30を10+20、40を2×20、50を10+2×20、60を3×20、70を10+3×20、80を4×20、90を10+4×20

現代語
 デンマーク語:50を2と1/2(×20)、60を3(×20)、70を3と1/2(×20)、80を4(×20)、90を4と1/2(×20)
 バスク語:30を20+10、40を2×20、50を2×20+10、60を3×20、70を3×20+10、80を4×20、90を4×20+10
 アイヌ語:40を2×20、100を5×20
 グルジア語でも90は4×20+10、60を3×20と言うそうです。

そして、なんと英語でもあったんです。

南北戦争後のリンカーンが戦場となったペンシルバニアのゲティスバーグで
慰霊碑を建てるときの演説(Gettysburg Address:1863年)で
「人民の、人民による、人民のための政治」というのが出てくる演説を行いました。
その冒頭は"Four score and seven years ago"です。

建国(1776年)の年についていうのに、87年前と言わずに
「4-20と7年前」と言っているんです。

そういえば、ずっと昔にこの演説を読まされたときに、scoreってなんじゃいと思った
のを思い出しました。今はあまり聞かないですけどね。

政治家の演説という改まり度の高い場面での使用なので
その時代でもよりフォーマルな言い方になっていたのかもしれません。

いずれにせよ、20進法って結構あるってことですね。

知事はバスク語やデンマーク語を使っている人も敵に回したと言えるでしょうか?


人気blogランキングに登録しています。クリックよろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
いいのかよ〜、こんな人が知事で
人気ブログランキング参加中</A ←1日1回応援クリックお願いします ...続きを見る
おフランスざんす
2005/07/19 04:12
特集:石原フランス語侮辱発言について(4)
7月13日、21日に続き第4回目 ...続きを見る
七つの海の旅人
2005/07/22 23:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒロシさんの意見に賛成ですね
じつは、日本人は数学的な脳ではないのですよ
逆に日本語だって最後まで聞かないと意味がわからないじゃないですか?
でも、日本人は、語尾によって意味が決まる日本語によって繊細な脳なんですよね。源氏物語なんか翻訳では意味が通じないじゃないですか
オカルト研究家の私の意見は、フランス語のほうが数字という本質をイメージしやすいと思います
というか、これは魔術的な数字の意味です
エイジ
2005/07/19 19:44
おや、エイジさんは、オカルト研究されているんですか?というかコメントが分かったような分からないような、、、魔術的な数字んー、私もムーでも読んで出直してきます。
ヒロシ
2005/07/20 03:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
フランス語だけじゃない「変わった」数え方をする言語 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる