もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本人男性名のプロトタイプとしての田中ヒロシという名前。

<<   作成日時 : 2005/07/01 13:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
ブログをするのに、本名ですべきだという人、匿名ですべきだという人、どちらもいるようです。
私は、とりあえず匿名でしてみました。匿名で始めて、そのうち本名にすることもできるからです。

さて、匿名にするとして、ハンドル名を考えなければいけませんでしたが、
なかなか思いつきませんでした。


その時、「なんかこう、普通の名前がいいなぁ」と思ったんです。
自分の名前が変わっているからではありません。
田中ヒロシに思いいれがあるからでもありません。
日本の一般大衆の一人として、フツーの日本人として始めてみたかったんです。

英語で言ったら、genericな名前です。
一昔前の、異文化共生というか多様さ(diversity)に気を使わずにアングロサクソンの
文化一辺倒の英語の教科書ならJohn Smithという名前かな。
日本語の教科書なら何かな?と考えて「田中ヒロシ」にしました。


最近日本の映画で「タナカヒロシのすべて」ていうのがあるそうですね。

この映画でもフツーというか、特徴のない主人公の平凡な人生に次々と
事件が起こって行くというような話のようです。

この映画の存在は友人からの写メールで知りました。
(写メールって日本で、死語?)

実は、本当に「タナカヒロシ」という友人がいるんです。
病院では名前を呼ばれたら、周りを見渡して、他にいないのを
確認してから立ち上がると言っていました。

苗字も名前もどちらも一般的なものの組み合わせなんですが、
結構いるんですよね、実際。ほかにも数人見たことがあります

さて、この名前、平凡な男という主人公の名前に使われるぐらいだから
プロトタイプとしてなかなかいい線行っていると思ったんです。

プロトタイプというと、何かを作る過程で作られる試作品という意味があります。
前駆体というのでしょうか、新しい車を作るときに、作る模型とかのことだと思います。
たしか生物でも進化の途中でそんな種が現われるという話を聞いたことがありますが。

ここでのプロトタイプは、それではなくて「多くの人が考える「典型」に近い」という意味です。
これは大学院意味論の授業でやったんですが、例を一つ。

果物といえば何を思い浮かべますか?思いついたら、すぐ紙に書いてください。

「みかん」ですか。今の季節なら、「すいか」かな。
私は「りんご」だったんですが、アメリカでも「りんご」は多い答えみたいです。

そのクラスに台湾人のクラスメイトがいました。
彼らの答えは「バナナ」でした。
そんなぁ、と思ったんですが、3人いて3人ともでした。

これが南西アジアとか、そっちのほうに行くと「マンゴ」らしいです。

(ほかにも「カップ」っていうのはどんな形とか、「鳥」といえばどんな鳥?
とか、いろいろありました。)

とにかく、そんな「日本人(男性)の名前」のプロトタイプにしてみたかったんです。

初心に帰るというか、原点に変えるというか、日本語教師として
職業病的に身につけてしまったものをそぎ落とすことが
できればいいなと思ったんです。


人気blogランキングに登録しています。クリックよろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これを読んで、早速彼女に「果物と言えば?」と聞いてみたんですが、答えはリンゴでした。結構ワクワクして答えを待っていたのに、残念でした。
Kazz
2006/03/14 02:05
>Kazzさん
そうですかぁ。残念。滞米期間が長いと「りんご化」するのかもしれませんね。。。。
ヒロシ
2006/03/14 04:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本人男性名のプロトタイプとしての田中ヒロシという名前。 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる